日本では、数々のタイトルを受賞し、2009年WBC(ワールドベースボールクラシック)優勝の立役者。2012年よりMLB(メジャーリーグ)のシアトル・マリナーズに移籍。日本、そして米国を代表する投手。2015年8月には日本人2人目のノーヒットノーランを達成。2016年東京にオープンしたIWA ACADEMYを監修し、こどもから大人まで多くの方々へアスリートの経験・知見を提供している。

長くプロ野球の世界で、日本・アメリカを舞台に活躍をし、サプリメント知識も豊富な岩隈久志選手。カラダに入れるものに対して並々ならぬこだわりがあり、それはインナービューティケアで美容業界を牽引するエステプロ・ラボの佐々木会長をも驚かせたほど。

健康や美への意識が高い人々から絶大なる信頼を集めるインナービューティケアのEsthe Pro LaboR(エステプロ・ラボ)

サプリメント先進国であるアメリカと比べ、⽇本では無添加のスポーツサプリメントが少なく、その多くは添加物が多く入っているものばかり。添加物の量によっては、健康のためにサプリメントを摂取していても、カラダに負担を与える要因にも繋がりかねないものも。アメリカに拠点がある岩隈選手はこの実態に驚き、「無添加かつ子どもも安心して飲める、本物のサプリメントを作りたい」と立ち上がった。

「日本の子どもたちにサプリメントの習慣をつけて「中から」体をつくって欲しい」と語る岩隈選手

「本物のサプリメントを作る」そんな岩隈選手の思いと信念。それを持ち込んだ先が、長年インナービューティケア研究に力を入れているエステプロ・ラボ。「私が求めているサプリメントはエステプロ・ラボにしか作れない、そう思った」と語る岩隈選手に、エステプロ・ラボの佐々木会長は「岩隈選手の思いに共感し、ぜひ一緒に作りましょう」と、共同開発に至りました。そこからサプリメント誕生までは何度も何度も試行を重ねる日々。サプリメントやスポーツ栄養学に精通している岩隈選手の並々ならぬこだわりを実現するために、シーズン中の多忙な時期でも打ち合わせを重ね、ようやく完成したのがIWAサプリメント。インナービューティケアの領域を超えた、本物のサプリメントをあなたも実感してください。

エステプロ・ラボの佐々木会長は「岩隈選手の熱い思いとこだわりには感銘を受けた」と語る

(記者会見の様子)記者会見では現役トップアスリートである岩隈選手や一流トレーナーたちの経験をベースに、スポーツ栄養学を取り入れ、エステプロ・ラボ社の酵素栄養学・腸内フローラ学をベースとする“有害物質を排除した安心設計”のサプリメントであることを、記者の前でアピールしました。また岩隈選手も登場し、「シアトルまで来ていただいて試飲を繰り返し、とにかくすばらしい製品ができたと思います。まずは、飲んでいただきその効果を実感して欲しい。日本人はサプリメントを飲む習慣があまりないけれど、沢山の方に飲んで欲しい」と想いを語りました。

イギリスの「Nature」誌によると、食品やサプリメントに含まれている人工甘味料を摂取することで、肥満や糖尿病などを引き起こす可能性があると指摘しています(※1)。良かれと思ってサプリメントを飲んでいても、実は病気を引き起こす原因になってしまうことも。とは言え、これは一部の商品の話ではありません。普段私たちが手にする多くの食品やサプリメントに、身体に負担をかけたり、病気のリスクを高めたりする可能性がある食品添加物が入っているのです。「健康のためにサプリメントを飲んでいるのに、健康を害してしまった」そんな事態にならないために、私たちは食品やサプリメントが持つ身体へのリスクを考えて、商品を選択する必要があるのです。

※1 UK, Nature 2014年10月9日「人工甘味料の有害な影響」

厚生労働省の調査において、2015年の日本の死亡原因の1位はガン(※2)。 ガンが原因で死んでしまう人が非常に多いのですが、実は先進国の中でガンの死亡者数が右肩上がりなのは日本くらいだとされ、“日本の国民病”とも言われるほど。イギリスの研究者の調査において、食品添加物がこのガンの要因になるという論文が発表されており(※3)、 添加物のリスクに対して危機感を持つことが大切です。ただし、このリスクに関しては諸説あり、何を正しいと判断し、信じるかは消費者一人ひとりに委ねられてしまうのです。

※2 厚生労働省「2015年人口動態統計月報年報」

※3 Doll R and Peto R, eds. The causes of cancer. Oxford University Press, Oxford 1981.

※比較調査方法の注釈

TOP